車を手放す際には、車査定とディーラー下取りの

車を手放す際には、車査定とディーラー下取りのどちらかを選択する方が多いと思います。



どちらの買取額が高いかというと車種や年式、色、需要などの条件によっては車査定の方が高く買取ってくれることが多いようです。


私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。新車の代金から値引と言うかたちで、金額を提示されることが大半のようです。

そのため、価格交渉が難しくなると思いますし、車の評価額が、曖昧なままになってしまいます。



そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りよりお得になる可能性が高いというわけです。愛車の査定をする場合、お店に行ったり、自宅に足を運んでもらうのが一般的です。


また、メールでの車査定を行っている業者もあります。この場合は、買取業者と直接のやりとりを行わなければならないため、かなり面倒です。中には、しつこく何度も営業を行う業者もいるので、不快な思いをすることもあるでしょう。



車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で値付けが大幅に変わってきます。

1年で1万kmというのがだいたいの目安で、それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。
走行した距離が短いほど査定にプラスされ、年式に関係なく10万km以上走っている車だと、見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。また、車種や用途によってもいくらか幅があるようです。


いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、雨の日や曇天なども薄暗いので不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。ただ、それはあくまでも可能性の話です。
それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

車種の違いによって人気色も違う事をご存知ですか?トラックといえばホワイトが常に人気です。ところが、他の車種の場合は、ホワイト、ブラック、グレー系統の人気が高いです。



よく街中で見かける色、つまり、多くの人が選んでいる定番の色が車買取においても人気の高い色だと言えます。あるいはパール系やメタリック系ですと、それ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。

あるいは、限定色の場合も高値になることがありますね。

残っている期間によっても異なりますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。当然ですが車検切れの車よりも車検が残っている方が有利です。
しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとほぼ査定額に影響を与えません。
しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。
車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという説が世の中にはあるようです。当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。


でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。車を買い取ってもらう時に注意する必要があるのは、悪徳業者についてです。誰もが知っているような会社なら安心ですが、他に支店のないようなお店は、注意すべきです。


知らず知らずにでも、悪徳業者と売り買いしてしまうと、車を渡してしまったあとに代金が支払われないというケースが発生します。期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。
売却を漠然と考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。また査定額は、決算期が終わった4月というのは低調ですので避けた方が無難です。

中古車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。


愛着のある車を安く買われてしまっては無念ですから、そうならないよう、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを集めて大体の相場を知る手掛かりにするとよいです。
ですが、ネット上で依頼して出てきた見積もり額と車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、その点は用心しておくのがよいでしょう。極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるような所謂悪徳業者もいるのが現実です。